現代の名工紹介

現代の名工

現代の名工とは、幅広い産業分野の中から、きわめてすぐれた技能を持ち、
その産業を通して社会の発展に貢献した人を表彰するものです。
伝統工芸の分野で受賞する人は少なく、
当工房では代表の吉田 宏(吉田吉貞)が平成13年に認定表彰を受け、
現代の名工の一人となっております。

吉田 宏 (吉貞)Yoshida Hiroshi ( Yoshitei )

プロフィール

★はじめに経歴などの紹介文が入ります。(取材後内容掲載予定)雛人形の製作に携わり、幾多の考案、改善によって作るその人形は品格
と上品な雰囲気を持っており、特に人形の三人官女の緋袴に関しての着せ付け等の技能にれている。

平成13年に現代の名工の一人として認定表彰を受け、平成16年には佐野市指定無形文化財認定される。

現在も職人として人形製作を手がける中、次世代に節句の意味を伝えるために研究・指導・講演などを行っている。

写真

経歴 ★確認後追加

厚生労働大臣 卓越技能表章
栃木県知事 卓越技能表賞
栃木県能力開発協会 卓越技能表賞
(社)日本ひな人形協会 節句人形工芸士認定
佐野市教育委員会 佐野市指定無形文化財

平成13年11月22日
平成10年11月17日
平成8年11月29日
昭和60年8月29日
平成16年12月22日

写真

写真

写真

  • 鐘馗

    鐘馗 別製水徳五訓

  • 鐘馗

    鐘馗

  • 破魔弓

    破魔弓

  • 高砂

    高砂

  • 高砂

    高砂

  • 羽子板

    羽子板

現代の名工(卓越した技能者の表彰制度)について

1  趣旨
卓越した技能者を表彰することにより、広く社会一般に技能尊重の気風を浸透させ、もって技能者の地位及び技能水準の向上を図るとともに、青少年がその適性に応じ、誇りと希望を持って技能労働者となり、その職業に精進する気運を高めることを目的としている。

2 被表彰者の決定
被表彰者は、都道府県知事、全国的な規模の事業を行う事業主団体その他当該表彰を受ける者の推薦に当たる者から推薦(個人推薦)のあった次の各号のすべての要件を満たす者のうちから、厚生労働大臣が技能者表彰審査委員の意見を聴いて決定する。
(1)  きわめてすぐれた技能を有する者
(2)  現に表彰に係る技能を要する職業に従事している者
(3)  技能を通じて労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者
(4)  他の技能者の模範と認められる者

3 表彰
表彰は、厚生労働大臣が毎年1回、概ね150名の被表彰者に表彰状、卓越技能章(盾及び徽章)及び褒賞金(10万円)を授与して行われる。
昭和42年度に第1回の表彰が行われて以来、平成26年度の第48回の表彰までで5,737名が表彰される(平成7年度までは概ね100名を表彰し、平成8年度からは概ね150名を表彰している。)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です