お知らせ

五月人形 ご購入いただいたお客様からのコメントを頂きました

五月人形 ご購入いただいたお客様からのコメントを頂きました

やはり
鎧兜は良いですね。
個人的には
黒田官兵衛のお椀か
長政の意味わからん兜か
過ぎたる兜の家康。。。
まあ、とにかく
吉貞さんとこで
やはり平安鎌倉にかなり強い
嫁とかなり熱い議論の末
お互い見た目より
実戦向きの鎌倉型に落ち着きました。
赤備えは
やや狂気型の武将が多いですが
やっぱ
リバプールFCも赤だし赤でしょうと。
鎧兜は
子の身代わりになり
今後わたるまるを
助けてくれることでしょう。
魔神英雄伝ワタルで
ワタルは龍神丸に乗ってましたが
我が家のワタルもわたるまるに
身を包み荒波を乗り越えていただきたい。
吉田さんありがとうございました!
そして
ひな人形に続き
嫁パパ嫁ママありがとうございます!

 

久保田

―――――――――――――――――――――――――――――――――

久保田様、多くのお店がある中で、当工房を選んできだしまして誠にありがとうございました。

大切なお子様と、こどもの日を楽しくお祝いなさってください!

初節句 男の子への五月人形 創業100周年特別展示会 

初節句 男の子への五月人形 創業100周年特別展示会 

初節句 男の子 五月人形販売会

 

全国からセレクトした五月人形を創業100周年記念として例年以上の品揃えでお迎えしております。

 

2018年初節句を迎える男の子に五月人形をお探しの皆様へ吉貞人形が厳選した兜、鎧兜を自信をもってご紹介します。

当店は人形協会認定の【適正表示宣言店】です。

人気の武将シリーズ、重要文化財モデルの兜など、豪華絢爛の品々を大型併設店舗にて100種以上の五月人形を展示させていただいております。

五月人形特設店舗はアクセス便利な佐野インターから10分。佐野プレミアムアウトレットから5分の場所にございます。

初節句の男の子への五月人形のお祝いをお探しの方は、是非とも一度当工房に併設した店舗へお越しください!

 

当店の五月人形販売の特徴

 

1、(社)日本人形協会公認の節句アドバイザーが全国から厳選した五月人形をご紹介しております。

2、工房に直結した80坪ほどの大型ショールームでご要望があれば、(社)人形協会公認の節句アドバイザーがご案内し端午の節句の歴史、背景、意味などご説明させてただきます。

3、工房直結の店舗であることを活かし、五月人形購入後のアフターフォローも万全です。

初節句の男の子にお勧めの五月人形を写真以外にも数多く取り揃えております。

創業100周年記念 雛人形販売会ご来場のお礼

創業100周年記念 雛人形販売会ご来場のお礼

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。先頃開催いたしました「人形工房吉貞 創業100周年記念 雛人形販売会」は、多くの皆さまにご来場いただき、おかげさまをもちまして大盛況に終了させていただきました。
ご来場いただいた皆さま、また遠くより応援してくださった皆さま、ありがとうございました。
また、忘れられないとても素敵なイベントとなりましたこと、心から感謝いたしております。

100周年記念 雛人形の面々

いつの時代でも、子どもの健やかな成長を願う親の気持ちは変わらないもの、雛人形には生まれたばかりの子供が「健やかに育ち、幸せな一生を」との家族の願いが込められています。
そんな思いを大切に、職人が一つひとつ手づくりで心を込めて仕上げた吉貞の雛人形。訪れていただいたお客さまには、新しい雛人形との出会いをしていただく、素敵な体験をしていただきました。
ほんの一部ではありますが、ホームページをご覧いただいている皆さまにも、100周年イベントのお雛さまをご紹介いたします。

当店からのお詫び



会期中の確認作業のミスにより不快なお客様がゼロではなかったことを心よりお詫び申し上げるとともに、今後も確認ミスのゼロを目指してまいります。

引き続きよろしくお願いいたします。

平成28年3月吉日
人形工房 吉貞

初節句の男の子へ 100周年記念第3段、五月人形の販売を開始しました。

初節句の男の子へ 100周年記念第3段、五月人形の販売を開始しました。

おかげさまで、多くのお客様にご来店ご購入いただき、誠にありがとうございました。

同時に、おひなまつりについてもうまくお伝えできていればと思っております。

1400年以上も続いてきた文化であり日本人の民間信仰です。

宗教ではありませんので、こうでなければいけないということはできませんが、

こういう意味で起こり続いてきたのだということ知っておくことは、

おひな祭りを有意義にしていただく上で、必要であると考え、品物を販売する事と、

ともにお伝えし続けなければならないなのだと考えております。

3月3日より100周年記念第3弾五月人形の販売を行います。

100周年記念第1弾羽子板、破魔弓にはじまり、第2弾ひな人形、そして、第3弾五月人形、

当店では、一貫して、お節句品は、ただの飾りものでは、ないという事。

先人達が、伝え築き上げてきた文化であることを品物を販売することと

一緒にお伝えすることが義務であると考え続けてまいります。

これは、お客様に日ごろ用事のない品物について、意味や風習について、

お伝えする事が、専門店の仕事と思います。

このような品物で、詐欺を考えるなど言語道断の話なのですが、

実際に起きてしまっているようです。

くれぐれもお気をつけいただいてよい買い物をしてください。

お買い物の際には、ぜひ当店も選択肢に入れていただきますようお願いいたします。

【当店限定】世界に一つだけの雛人形思い出の帯地でお雛様を制作します!

【当店限定】世界に一つだけの雛人形思い出の帯地でお雛様を制作します!

世界部一つだけのオーダーメイド雛人形

今年よりオーダーメイドのお雛様を作るサービスを始めます。

厚生労働省認定の【現代の名工】がお持ちの帯で、オリジナルのお雛さまを制作させていただきます。

帯地を見せて頂いてのご相談となります。

合わせる生地の材質、部品のグレードによって、値段の変化はございますが、

120000.からとさせていただきます。

当社の帯地製品をサンプルとしてご紹介いたします。

詳細については、お気軽にお問い合わせください。

P1040338

1/18日下野新聞記事掲載

1/18日下野新聞記事掲載

昨日下野新聞社編集局の菊地記者、ならびに佐野支局野稲葉記者
取材にご来店、本日一面にて掲載となりました。
動画等のも本社ページにて紹介いただいております。http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20180118/2938152/articleimage/180117sano_hinaningyou01_R

大切にしていただきたい破魔弓,羽子板を飾る時期、しまう時期 

大切にしていただきたい破魔弓,羽子板を飾る時期、しまう時期 

初正月を迎えるお子さんへ鬼除けの風習ー破魔弓、羽子板を飾ること

 

お客様によく質問を受ける内容として非常に多い項目が

 

羽子板を「いつから飾るか」についてです。

 

日本が農業国家だった時代は、暦をベースに生活しており、方位や時間が十二支と深く関係していました。

 

この時代はよらしむべし、知らしむべからずと言うように、上からこうしなさいと説明しないままに全てを通す世の中が長く続いていました。
 

京都御所を訪れた際、学芸員からの説明の中に陰陽や五行思想が帝王学としてあったと言う話がありました。

 

五行思想の考え方では1年を5つに分けます。

 

四季の春夏秋冬それぞれのあとに18日間土用という期間をつけます。

 

夏の土用は鰻で有名ですが、土用というのは土の意味を表していて、モノを育て生む力を持つと同時に腐らせて失くす力も持っています。
 

夏が終わると夏の土用がきて、夏という季節をなくし、新しい季節を生み秋がやってくると言うような考え方です。

 
 

飾る時期の一番ベストなタイミングは12月中旬になります。

 
 

今のカレンダーでいうと、元旦から18日間を引くと12月13日頃が正月始めとなっておりますので、羽子板、破魔弓もこの頃から飾り始めます。

 

もうひとつ、昔の暦の考え方でいうと、暮れが丑の月、お正月は寅の月です。
 

丑のツノに寅のパンツといえば鬼ですね!

 

夜明け前の丑寅の時間は、鬼が出入りする時間と言われており、昔の人は忌み嫌っておりました。

 

その時間、赤ちゃんに邪気が憑かないようにという思いで鬼除けの飾り物をしたというふうに考えています。

 
 

しまう時期について…

 
 

約一か月間、お子さんの新しい年を無事に迎え、春に向かっての季節循環が定まるまでが、役割と考えられています。

 

そこで、しまう時期としては、正月の松飾などをしまうどんど焼きの時期、1月の中旬と説明していいと考えております。

2018年羽子板、破魔弓の販売を開始しました!

2018年羽子板、破魔弓の販売を開始しました!

2018年羽子板、破魔弓販売会

 

いよいよ11月に入り、当店では早速正月飾りの羽子板、破魔弓の販売を始めました。

 

11月1日より、土、日、祝、祭日も営業いたします。

 

お時間の都合がつきましたら是非一度ご覧いただきますよう

スタッフ一同お待ち申し上げます。

佐野市の幼稚園にて雛人形(雛祭り)についてのお話

佐野市の幼稚園にて雛人形(雛祭り)についてのお話

本日午前中、佐野市内にある、呑龍幼稚園、園長先生が社会教育に熱心な方で、
お招きに応じお話をしてまいりました。相手は、年長保育児48名お雛飾りの
意味についてお話しました。
やさしく話すのは、なかなか難しいことでは、ありますが、できるだけやさしく
話しました。
反応は、あったように思います。この子供たちが大人になるころ、お雛祭りが、
盛大に続いているよう期待しながらお話を続けます。

佐野市の中学校にてにて雛人形(雛祭り)についてのお話

佐野市の中学校にてにて雛人形(雛祭り)についてのお話

11月7日、8日と当店の近くの南中学校の一年生、5クラスに一時間づつ計5時間の授業を承りました。
約150人の子供たちに、昨年に引き続きでお話しさせていただきました。
テーマは、人形の町佐野、節句文化について、御ひな祭りについてで、
自分たちの町について、伝統文化について、話し続けていくことが、文化継承となると信じ、
市の教育委員会のお手伝いをさせていただいています。
反応は、あったように思います。同時に毎年、伝える難しさを感じます。
この子供たちが大人になるころ、お雛祭りが、盛大に続いているよう期待しながらお話を続けます。

五月人形店舗3月5日オープン

五月人形店舗3月5日オープン

お雛人形の販売も終盤戦を迎えました。

 

少々気が早いのですが、「いつから」というお問い合わせも増えてきましたので、

五月人形の販売ついてですが、3月5日日曜日にショールームオープン致します!

 

100セット以上にわたり展開しております五月人形を

節句アドバイザーが誠心誠意ご案内に努めさせていただきます。

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

下野新聞の当工房の記事が掲載されました。

下野新聞の当工房の記事が掲載されました。

今朝の下野新聞記事掲載となりました。

2時間ほどの取材でした。

写真部の方と、支局の方お二人でお見えになりました。

短い原稿ですが、様々な話をさせていただいた中のほんの一部ですが

記事となります。

 

是非ともご覧ください!

雛人形販売開始 お店の営業について、

雛人形販売開始 お店の営業について、

1/5お雛様のお店を全面オープン致しました。

3/2まで休日は、ございませんので、ご都合のよろしい時

にご覧になって見て下さい。

営業時間は、朝9:00から夕方6:30までとなっております。

どうぞ宜しくお願いします。

佐野短期大学にお雛様の話をしに行ってきました。

佐野短期大学にお雛様の話をしに行ってきました。

佐野短期大学で、講義をする時間を頂いたので、お雛様の話をしてきました。

若い学生さんたち良く話を聞いてくれていたと思います。

感想文もいただきましたが、学校側から非公開の指示がありましたので、

公表できないのが残念ですが、将来どんな形かで、お話を広めてくれたらと期待します。

平成28年、佐野市、芦屋町交流事業式典に於いて、佐野市から記念品として・・・

平成28年、佐野市、芦屋町交流事業式典に於いて、佐野市から記念品として贈呈

栃木県佐野市は、有名な鋳物の産地で、佐野で作られた鋳物製品を天明(命)鋳物と呼ぶ。約1200年前鍋釜などの生活用品から始まり、室町時代頃からは、寺院の鐘や仏像、茶の湯釜など、優れた工芸品が作られた。昨今の鋳物不振によって後継者が減少し、貴重ない鋳造用具や資料が減りつつありました。このような状況下で「天明鋳物伝承保存会」を設立。佐野の文化遺産として後世に伝えるために、佐野ユネスコ協会の支援を受けながら、その保護と後継者育成のための活動を行っている。その昔東の天明、西の芦屋と呼ばれたい物の産地で交流事業が続いてきましたが、今年度芦屋にての交流式に於いて、当社の別製鍾馗を贈呈しました。img001

栃木県立佐野高等学校付属中学校教養講座感想文3

栃木県立佐野高等学校付属中学校教養講座感想文3

私は、佐野人形についてよく知らなかったため、とても勉強になりました。私は、吉田さんの講和でお話し頂いた雛人形についての事が一番印象に残りました。私の家では、雛人形が壊れてしまうから、触らない方が良いと教えてもらいましたが、本当は、自分の中の悪い物をなくすためにお雛さまは触った方が良いと聞きとても驚きました。またおひめ様や五人林など飾ってあるものには、一つ一つ意味があることを知りりました。雛人形には、私の知らなかった事がたくさんあり、興味深かったです。人形作りでは、職人の手ですべて手作業で行うと、見学させてもらったところで聞き、とても大変な作業だと感じましたが大変だからこそ美しい人形が出来上がる事を学びました。これからも心のこもった人形を大切にしていきます。

栃木県立佐野高等学校付属中学校教養講座感想文2

栃木県立佐野高等学校付属中学校教養講座感想文2

今回の話を聞いて、お雛さまは、本当は触った方がいい事を初めて知りました。触ると一年間の悪いものをすべて移すことができると知ったので次のひな祭の時は、妹にもその事を教えてお雛さまを触りたいです。また、お雛様様以外の人がいるのにも意味がある事も初めて知りました。たくさんの意味がこめられているお雛人形ですが、最近は、だんだん文化を含めて節句の文化がなくなってきている事を聞いて驚きました。私は、もし自分の子供ができた時や外国の人に教える機会があった時のためにひな祭など節句のことを詳しく知って行きたいです。質問の時に出た話で胴体だけで2.3日かかるときいて、私が持っているひな人形をとても大切にしていきたいと思いました。

栃木県立佐野高等学校付属中学校教養講座感想文1

栃木県立佐野高等学校付属中学校教養講座感想文1

私は、小さい頃から祖母の家に七段のひな人形があったので、今回の見学には、とても興味がありました。まず印象に残ったのは、佐野が「人形の町」と呼ばれていることです。人形作りが有名なのは、しっていましたが、昔かrずっと受け継がれていて今でも衰えずに文化として残っているのは、すばらしい事だと思いました。私は、お雛さまは、飾るものだとばかりお思っていましたので、たくさん触ってもらうと知り大変驚きました。祖母にも母にも触らないでといわれていたので、今度教えてあげようと思います。伝統的な人形を作るのには時間も手間もかかるけれど、完成した物を見ると、職人さんたちの気持ちがこめられているのだな、と感じられました。これからは、佐野の人形を日本、世界に広めていける一人になって行けたらよいと思います。

【五月人形】の店舗販売について

【五月人形】の店舗販売について

五月人形、鎧兜、鯉のぼりの店舗での展示販売は、3月5日~となります。
5日以降のお休みは、5月2日までございません。

営業時間は、9:30~18:30です。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

P1040546-3 P1040552-3

東北自動車道 上り佐野SA三段飾り展示

東北自動車道 上り佐野SA三段飾り展示

平成28年1月25日午後から、佐野サービスエリアのレストランに吉貞人形工房作の三段飾りを展示します。
お立ち寄りのお客様是非ご覧ください。スマート出口を出て、15分ほどで、当店まで、ご来店頂くこともできます。
案内のパンフレットもありますので、宜しくお願いします。